会長挨拶

この度、日本災害医療薬剤師学会の会長を務めさせていただくことになりました。
もとより微力ではございますが、本学会の更なる発展のために尽力いたしますので、宜しくお願い申し上げます。

日本災害医療薬剤師学会は、災害医療現場における薬剤師業務の学問的な基盤を支える災害医療薬学分野の確立・充実の必要性を背景に、2006年4月に設立した学会です。

1995年1月の阪神淡路大震災以後、地震の頻発化・激甚化が今日まで続いており、新潟県中越地震は記憶に新しいところです。世界的には2004年12月に発生したスマトラ沖地震大津波で28万人以上が死亡し、昨年10月に発生したパキスタン地震では7万人を越える死亡が報じられています。災害時、医薬品の供給が滞れば、犠牲者は増大してしまいます。
災害時の専門薬剤師の人材確保ができなければ犠牲者は増大します。災害弱者の犠牲者をいかに薬剤師として手助けし減少させられるか、そのような自然災害の被災者に対して医療の面で一助になればと学術、研修活動する学会と考えています。
また、病院・保険薬局の薬剤師だけではなく、薬系大学からも参加されており、医療現場と大学との交流の場として着実に発展していきたいと考えております。

日本災害医療薬剤師学会が社会的に責任のある学術団体として、また、魅力ある学会として更に大きく発展できるよう、会員の皆様と共に一層のご支援とご協力をお願い申し上げます。

 

会長 西澤 健司

PAGETOP
Copyright © 日本災害医療薬剤師学会 All Rights Reserved.